筋トレをしてマッチョになりたい!

筋トレをしてマッチョになりたい!

マッチョなおじいさんになりたいオッサンの筋肉やトレーニングなどに関する事柄の記録です

デブの語源由来や基準などを知りたい方はお読みください

f:id:syuhei-asahina:20170911222340j:plain

デブとは、太っていることや太っている人のことです。
デブには太っている人に対する蔑みの意味が含まれています。

そのため、デブという呼称の使用を本ブログではおすすめいたしません。

何らかの理由でデブの意味や語源を調べている方は、そのことに気をつけましょう。
さらにデブについて詳しく知りたい方は、続きをお読みください。 

デブの意味と語源

デブは、太っていることや太っている人という意味です。

ちなみにデブという言葉は明治時代以降から使われています。
デブが古い言葉だなんて意外でしょう?
デブは現代社会の日常よく使われる言葉なので、比較的新しい言葉だと思われていたのではありませんか?

そんなデブの語源由来は諸説あります。

例えば、江戸時代から使われている擬態語の「でっぷり」が語源由来という説。
面白いものでは、英語「Death & Burst 」を語源由来とする説があります。

これら以外にもデブには語源由来がありますが、どれがほんとうの語源由来なのか定かではありません。
一般的には、擬態語「でっぷり」を語源由来とするが一般的です。

デブの語源由来は、下記のとおりです。

▼デブの語源由来
  1. 英語「Double chin」
  2. 英語「Death & Burst」
  3. 出っ張り
  4. でっぷり
  5. 出歩
  6. でぶでぶ
  7. 出不精

 

デブの基準

先述のとおりデブの意味は、太っていることや太っている人のことです。
ところでデブ太っているとは、どのくらいの太さから言うのでしょうか?

えっ「また面倒なことを言い出した」ですって?

確かに面倒なことです。
しかし、太くないのに太っていると言われて気分いいですか?

おそらく嫌な気分になるはず。

そこのあなた!
自分は太っていないという自信を持ちたくありませんか?
実は、太さにも基準があるんです!

太さの基準は下記のとおり。
なお、詳細な説明や計算方法を知りたい方は「体型診断をしてから初めて筋トレをする方がいいですよ!」をお読みください。

▼今すぐ計算してみよう太さの基準!
  • WHtRの値が0.45以上でBMIの値が24未満の場合は、少し太め
  • WHtRの値が0.45以上でBMIの値が24以上の場合は、太め

 

デブの美称化

先述のとおりデブには、太っている人に対する蔑みの意味が含まれています。
しかもデブは下品な言葉です。
だからと言って、普通に「太っている」という言葉を使えませんよね?

そんな場合には、美称化しましょう。
美称化とは、上品な言い方のことです。
太っているやデブの美称化の例は、下記のとおりです。

▼太っているやデブの美称化の例
  1. かわいい(やや飛躍していますが)
  2. ふっくら
  3. ぽっちゃり
  4. 丁度いい

 

本ブログでのデブの扱い

本ブログ「筋トレをしてマッチョになりたい!(以下、本ブログという)」では、基本的にデブという言葉を使用していません。
ただし、デブという言葉を検索される方のために記事のタイトルや本文で使用する場合はあります。

その場合、決して太っている方を蔑むためではありませんので、あしからず。

なお一部の記事において、太っていた頃の朝比奈や想像上の太った朝比奈に対し、辛口な表現があります。
しかし、この場合も朝比奈に対しての言及であり、決して太っている方に対するものではありません。

まとめ

デブとは、太っていることや太っている人のことです。
デブは名詞で、明治時代以降から使われています。

このデブには、いくつかの語源由来がありますが、どれがほんとうの語源由来なのか定かではありません。
一般的には、擬態語「でっぷり」を語源由来とするが一般的です。

そうそう、デブを数値で表すことができ、その基準値を満たさなければデブではありません。

太っていると心配されている方は、基準値を満たしているかどうかご確認してみてください。

ところで本ブログでは、基本的にデブという言葉を使用していません。
ただし、デブという言葉を検索される方のために記事のタイトルや本文で使用している場合があります。
その場合、決して太っている方を蔑むためではありませんので、あしからずご了承ください。

なお一部の記事において、太っていた頃の朝比奈や想像上の太った朝比奈に対し、辛口な表現があります。
しかし、この場合も朝比奈に対しての言及であり、決して太っている方に対するものではありません。