筋トレをしてマッチョになりたい!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋トレをしてマッチョになりたい!

マッチョなおじいさんになりたいオッサンの筋肉やトレーニングなどに関する事柄の記録です

筋力トレーニングとは?そう言えば知らない筋トレの詳細

筋力トレーニングとは?そう言えば知らない筋トレの詳細

私は、マッチョになりたい中年です。
ハンドルネームは、朝比奈宗平。
――朝比奈は、筋力トレーニング(以下、筋トレという)をすることにしたのですが、また新たな疑問にぶつかってしましました。

「そう言えば筋力トレーニングの詳細について何も知らないよ!」

そうなんです。
「筋トレをしてマッチョになりたい!(以下、本ブログという)」で、筋トレという言葉を散々使っておきながら、その詳細について何も知りませんでした。

しかし、今から筋トレの詳細を学んでも遅くないですよね?
そのような訳で今回は、筋トレの詳細について学んだことを記録します。 

筋力トレーニングとは?

筋力トレーニングとは、骨格筋(筋肉のこと。以下、筋肉という)の出力や持久力の維持向上などを目的とした運動の総称です。

 

筋力トレーニングの目的
  1. 筋出力の維持向上
  2. 筋持久力の維持向上
  3. 筋肥大
  4. 筋力の維持向上

筋肉の活動様式による筋力トレーニングの分類

筋肉の活動様式は、等張性筋活動と等速性筋活動、そして等尺性筋活動の3つに大別することができます。
そして、この3つの様式によって筋力トレーニングを分類することが可能です。

アイソトニック運動

まず、等張性筋活動による運動をアイソトニック運動といいます。
このアイソトニック運動は、一定の負荷を筋肉に与えて力を出す運動です。
この運動は関節を動かし、筋肉の長さを変えることによって行います。

アイソトニック運動に分類されるトレーニングには、自重トレーニングやチューブトレーニングがあり、ウォーキングやジョギングも含まれるようです。

アイソキネティック運動

等速性筋活動による運動をアイソキネティック運動いいます。
このアイソキネティック運動は、運動速度を一定に保った条件下で、筋肉を収縮させるものです。

またアイソキネティック運動は、アイソトニック運動とアイソメトリック運動の長所を併せ持っており、ジムにあるマシンを使って行います。

アイソメトリック運動

等尺性筋活動による運動をアイソメトリック運動、またはアイソメトリクスといいます。
このアイソメトリック運動は、筋肉を収縮させずに静止させた状態で行う運動です。

アイソメトリック運動をイメージしにくい方は、胸の前で手を合わせ押し合うトレーニングを連想していただくと良いでしょう。
また、ダンベルを水平に持って静止する運動もアイソメトリック運動と言えます。

筋力トレーニング方法の種類

筋トレ方法の種類は、ウエイトトレーニングや自重トレーニングがあります。
また、加圧トレーニングや体幹トレーニングなどを含めると様々な筋力トレーニングがあります。

詳しくは「筋トレの方法には何があるの?その種類を調べてみたよ!」をお読みくださませ。 

筋力トレーニングの利用

筋力トレーニングは、スポーツの競技力の向上や理想の体型づくりに利用されます。
かく言う朝比奈も体型づくりをしている1人です。

ところが筋力トレーニングは、それら以外の様々なことに利用されています。
例えば、ケガや病後のリハビリテーション、そして腰痛対策などがそうです。
このように筋力トレーニングには様々な利用方法があり、私たちの生活に欠かせないものの1つかもしれません。

 

筋力トレーニングを利用していること
  1. ケガや障害の予防
  2. ケガや病後のリハビリテーション
  3. 姿勢の矯正
  4. 障害者自立支援
  5. スポーツの競技力の向上
  6. ダイエット
  7. 肥満防止
  8. ボディビル
  9. 腰痛対策
  10. 老化防止

まとめ

筋力トレーニングとは、筋肉の出力や持久力の維持向上などを目的とした運動の総称です。
筋力トレーニングは筋肉の活動様式によって分類することができます。
また、トレーニング方法はウエイトトレーニングや自重トレーニングが有名ですが、これら以外にも加圧トレーニングやチューブトレーニングなどがあり、種類も豊富です。

ところで、筋力トレーニングはスポーツの競技力向上や体型づくりだけでなく、ケガの予防や障害者自立支援などに利用され、私たちの生活に深く関わるものの1つかもしれません。

以上で「筋力トレーニングとは?そう言えば知らない筋トレの詳細」を終わります。

関連記事

本ブログには、今回の内容に関連した記事が他にもございます。
よかったら、併せてお読みくださいませ。