筋トレをしてマッチョになりたい!

筋トレをしてマッチョになりたい!

マッチョなおじいさんになりたいオッサンの筋肉やトレーニングなどに関する事柄の記録です

マッチョの本来の意味は筋骨隆々や筋肉ムキムキではない

f:id:syuhei-asahina:20170822035211j:plain

マッチョを筋骨隆々や筋肉ムキムキという意味で解釈するのは、日本独特のものです。
英語におけるマチョ(macho)の本来の意味は、決して筋骨隆々や筋肉ムキムキではありません。

何らかの理由でマッチョの意味を調べている方は、そのことに気をつけましょう。
さらにマッチョの意味について詳しく知りたい方は、続きをお読みください。 

英語マッチョ(macho)の意味

英語マチョは、形容詞の場合「男らしい」や「男っぽい」という意味で、名詞の場合「男らしい人」や「男らしさ」という意味で使われます。

ちなみにマッチョの語源は、「雄の~」を意味するメキシコのスペイン語の形容詞マチョ(macho)が変化したものなんですよ。

英語の試験では、決して筋骨隆々や筋肉ムキムキと解答しないでくださいね。 

▼現代英語マチョ(macho)の意味
  1. 形容詞
    • 男らしい
    • 男っぽい
  2. 名詞
    • 男らしい人(可算名詞)
    • 男らしさ(不可算名詞)

 

日本語でのマッチョの使われ方

日本では、マッチョを筋骨隆々や筋肉ムキムキという意味で使われることが多く、トレーニーやボディビルダーの筋肉質な男性の筋肉美を指す言葉としても使われます。

ただし、英語マチョ本来の意味では、全くと言っていいほど使われません。

そして、日本ではマッチョを細マッチョやマッチョ、そしてゴリマッチョの3種類に分けています。

ところが、マッチョとゴリマッチョを明確に区別する定義は見当たりません。
そのため、マッチョとゴリマッチョは同じものと考えて良いでしょう。

まとめ

マッチョの本来の意味は、筋骨隆々や筋肉ムキムキではありません。
マッチョを筋骨隆々や筋肉ムキムキという意味で使うのは、日本独特のものなです。
ご注意ください。

ところで、英語におけるマッチョ本来の意味は、形容詞の場合「男らしい」や「男っぽい」で、名詞の場合「男らしい人」や「男らしさ」です。

英語の試験では、決して筋骨隆々や筋肉ムキムキと解答しない方がいいですよ。

なお、本ブログ「筋トレをしてマッチョになりたい!」では、マッチョとゴリマッチョを同一のものとして扱っています。