筋トレをしてマッチョになりたい!

筋トレをしてマッチョになりたい!

マッチョなおじいさんになりたいオッサンの筋肉やトレーニングなどに関する事柄の記録です

筋トレ初心者のオッサンが自重トレーニングを選んだ理由

筋トレ初心者のオッサンが自重トレーニングを選んだ理由

私は、マッチョになりたい中年です。
ハンドルネームは、朝比奈宗平。
――朝比奈は、筋力トレーニング(以下「筋トレ」という)の方法(種類)を学んだ結果、自重トレーニングをすることにしました。

「ええ! どうしてウエイトトレーニングじゃないの、朝比奈さん?」

確かに自重トレーニングよりも成果が早く表れるウエイトトレーニングを選ぶのが妥当ですよね?
朝比奈もそう思います。

しかし、あえて自重トレーニングを選びました。
そのような訳で、今回は自重トレーニングを選んだ理由をまとめます。

お金がかからない

自重トレーニングであれば、ダンベルやバーベルなどを買う必要がありません。
少しだけamazonや楽天でダンベルの値段を見たのですが、結構なお値段なんですね。
ビックリしました。

また、マシントレーニングを行うためにジムに通いませんので、ジムにかかる費用を抑えることができます。
最初のうちは経費をできるだけ抑えて、筋トレをする計画です。

ケガをしたくない

知識のない素人にもかかわらず、指導者なしでウエイトトレーニングをすれば、ケガをしてしまいそうだと考えました。
例えば、変なフォームでウエイトトレーニングをして関節を痛めたり、誤ってバーベルを体に落としたりうわぁ、想像しただけでも痛そうです。
それに比べてダンベルやバーベルなどを使わない自重トレーニングであれば、ケガをすることなんて、そうそうないでしょう。

そもそも健康を考えて、行うことにした筋トレなのに、いきなりケガをしてしまっては元も子もない話です。

ただし、これはウエイトトレーニングの指導者が見つかるまでの話です。
指導者が見つかれば、ウエイトトレーニングに着手します。

自宅や職場の近所にジムがない

朝比奈の自宅や職場の近所にジムがありません。
遠方に行けばジムはあります。
しかし正直なところ、そこまで行くのは面倒ですし、時間ももったいないので気が進まないまないのです。

それにそんな気持ちでジムに通ったとしても長続きしないのではないでしょうか?
それに比べて自重トレーニングなら自宅でできますし、好きな時間にすることができます。
多分、何らかの理由により心変わりしない限り、ジムに通うことはないでしょう。

自分の能力が分からない

自分の能力が分からないことも、自重トレーニングを選んだ理由の一つでした。
どれだけ重量を持ち上げることができるのか、筋トレ初心者の朝比奈には分りません。もしもウエイトトレーニングを始めて、ダンベルやバーベルを持ち上げれなかったら、早々に朝比奈は挫折していまいそうです。

そうなると、本ブログも終わってしまいます!
なんて恐ろしい話でしょう。

そうならないためにも自分の能力を把握できるまでは、自重トレーニングを続けることにします。

まとめ

今回、筋トレ初心者の朝比奈がウエイトトレーニングではなく、自重トレーニングを選んだ理由をまとめました。
もしも筋トレを始めようと考えられているなら、参考にしてみてください。
以上で、「筋トレ初心者のオッサンが自重トレーニングを選んだ理由」を終わります。

関連記事

本ブログには、今回の内容に関連した記事が他にもございます。
よかったら、併せてお読みくださいませ。